営業日カレンダー

Calendar Loading
Calendar Loading
こんにちは!ダンドリープロ店長です。毎日、お客様に頼りになるお店を目指して、お買い得商品や目玉商品など、お客様目線を意識して、企画しています。 こんなものまであるの!? おかげで助かりました!といったお客様から頂ける声(レビュー)やメッセージがわたしの元気の源です。これからも、ダンドリーをご愛顧いただけるように、がんばります!

塩ビ管とVU/DV継手について、このページでは継手の種類やサイズ、用途などに合わせた使い方の事例なども織り込んで、解りやすくご説明をさせて頂きます。

塩ビ管とVU/DV継手について! プロ向け通販専門サイト!ダンドリープロです。業界最大級の品揃えでお探しの商品が1度で見つかる便利さ!スピード発送で現場の段取りをご支援します。

塩ビ管とVU/DV継手

ここでは塩ビ管とVU/DV継手ということで、「配管継手」の種類や選び方についてご紹介させていただきます。そもそも配管継手というのは配管パイプの管と管をつなぎ合わせることで、管を導いたり、方向を変えたり、管路を合流させたり、分かれさせたり、管の太さを変えたり、流れを止めたりと継手によって様々な効果をもたらします。様々な種類のパイプ、継手が私たちのくらしに使用されていますが、まず、塩ビ管のグレーの配管材料についてご説明をさせて頂きます。通称、塩ビ管といいますが、正式名称は塩化ビニル樹脂を主原料とした塩化ビニル管と呼びます。このグレーの塩化ビニル管にも、種類があります。

写真のように、通称VUパイプと呼ばれる硬質ポリ塩化ビニル管(薄肉管)、VUとはビニール薄肉の頭文字のようです。このVUパイプと、通称VPパイプと呼ばれる水道用硬質ポリ塩化ビニル管、VPとはビニールパイプの略称の様です。 VUパイプは(JIS K 6741)の薄肉管で戸建て住宅の排水や通気管などの、衛生設備の配管に使用されています。 VPパイプは(JIS K 6742)の一般管で集合住宅や戸建て住宅などの給水設備配管や排水、通気などの衛生設備配管に使用されています。近年、後に解説をさせて頂きますが、給水配管には、写真のような耐衝撃性のあるHIVPというパイプを用いることが多く、VPパイプの使用は減ってきております。

写真のように、VUパイプとVPパイプは共に外径が同じで、パイプの厚さのみが変わってきます。よって、写真のようにVUパイプとVPパイプでは厚みが違いますので、専用の継手の段差も変わってきます。

継手を選ぶときですが、管の中を流れる流体がどのようなものかということも非常に重要です。管を流れる流体がガスとか、油、真空の場合は、また別途違う材料にて配管をしますので、今回は水が流れる排水配管を前提にご説明させて頂きます。まずVUパイプとVU継手ですが、専用接着剤を用いた接着方法があります。専用接着剤は写真のような、積水化学工業のNo73、No75の接着剤を説明させて頂きます。一般的な塩ビ管用の接着材ですが、No.75と呼ばれる商品は若干、粘度がサラッとしており、乾きやすい為夏季や大口径管以外の時によく使用します。No.73と呼ばれる商品は先ほどのNo.75より、若干ドロッとしており夏季などに向いている商品となります。接着時の注意ですが、接着剤はパイプと継手の両方に塗布します。パイプ、継手の片方だけに接着材を塗布しても、十分な接合の効果は得られません。また両側に接着剤を塗りすぎても溶剤の蒸発が遅く、接着効果が遅くなるだけでなく、パイプ内にはみ出した接着材が管路に悪影響を及ぼします。

VU継手や、排水用透明継手には、写真のように、90度や45度の角度がわかるように、位置がマーキングされています。(積水化学工業の継手ではDV継手にはこの、マーキングはありませんでした。)向きをしっかり確認し、管の挿入はねじらずにまっすぐ挿入します。

継手の種類は写真のようにソケット、エルボ、チーズ、透明継手、耐熱透明継手、45度Yなどもあります。 管を合流させたり、管をサイズ変更をしたりできます。