営業日カレンダー

Calendar Loading
Calendar Loading
こんにちは!ダンドリープロ店長です。毎日、お客様に頼りになるお店を目指して、お買い得商品や目玉商品など、お客様目線を意識して、企画しています。 こんなものまであるの!? おかげで助かりました!といったお客様から頂ける声(レビュー)やメッセージがわたしの元気の源です。これからも、ダンドリーをご愛顧いただけるように、がんばります!
樹脂配管について

給水配管で近年多くつかわれています樹脂管、樹脂管継手を用いた樹脂配管について解りやすくご説明させて頂きます。

樹脂配管について!プロ向け通販専門サイト!ダンドリープロです。
業界最大級の品揃えでお探しの商品が1度で見つかる便利さ!スピード発送で現場の段取りをご支援します。

樹脂配管について

ダンドリープロでも取扱いをしておりますが、近年給水、給湯配管にHI配管や銅管配管に代わって架橋ポリエチレン管や、ポリブデン管を使用する樹脂配管が増えてきております。 架橋ポリエチレン管もポリブデン管も共に優れた耐熱性と保温性や保冷性、衛生的であり、近年の配管の主流となっています。 一番の特徴はHI継手配管や銅管配管などは管と継手の接合に接着剤を塗布し接合したり、銅管を半田を溶かしてはんだ付けする接合など、 リフォームなどの現場においても施工性が劣り、継手類を多用することにより、配管の曲がり抵抗や接合箇所からの腐食や漏水なども起こりやすい配管でした。

現在の樹脂配管では複数の給水、給湯箇所があっても、ヘッダーといわれる部材に一括に給水や給湯の配管を結び、 その先は各水栓側へ1本1本単独で配管をします。積水化学工業の参考画像のように大きなタコ足配線のように配管をします。 この工法は枝管工法より水を使用した際に均等に水を供給することができます。 ヘッダー本体も複数の部材を組み合わせて枝数を増やしたり、ヘッダー本体も部材ごとに回転をしますので、 水の通水前でしたら回転をさせることが出来、配管の向きを変えることが出来ます。 ヘッダーからの配管は水栓などの継手部分までを継手を使わずに配管するので、配管の曲がり抵抗も少なく、使用する継手部分も減り漏水の可能性の少なくなります。

樹脂配管では継手を管の内面にて接合するタイプと管の外径にて接合する方法の2種類があります。樹脂管の外面で接合するタイプは、まず、樹脂管にインコアを差し込みます。

インコアは樹脂管の変形を矯正し、長期間シール性を維持する役割がありますので必ず差し込みます。 そして、漏水事故防止の為に挿入深さで、マーキングし、樹脂管の外面や、継手の内面に異物や傷などが無いことを確認し、継手を差し込みます。

樹脂管の内面で接合するタイプは、先ほどの外面接合タイプとちがい、インコアがありません。
内面接合用の継手にはインコアが不要で、写真のように、継手の保護シールをはがして、そのまま樹脂管を継手に挿入します。 写真のピンクのジャンパーピンが外れるまで、奥までしっかりと差し込みます。

内面接合タイプの一番の利点は、パイプの表面の傷の影響を受けにくいことが挙げられます。 誤ってインコアの挿入忘れなどもありません。がしかし、デメリットは、樹脂管の内面に接合するため、樹脂管の内径が小さくなっており、流体の流量が若干継手にて絞られてしまいます。反対に外面で接合するタイプは、流路径が広く、流量を確保できます。 しかし、管の外面にて接合しますので、配管の敷設時などにおいて、樹脂管の表面の傷や擦り傷には特に注意が必要です。 各メーカーの商品はパッキンを使用したシール構造をしており、抜け止めの加工などで、止水信頼性に優れています。

樹脂をダブルブロック