営業日カレンダー

Calendar Loading
Calendar Loading
こんにちは!ダンドリープロ店長です。毎日、お客様に頼りになるお店を目指して、お買い得商品や目玉商品など、お客様目線を意識して、企画しています。 こんなものまであるの!? おかげで助かりました!といったお客様から頂ける声(レビュー)やメッセージがわたしの元気の源です。これからも、ダンドリーをご愛顧いただけるように、がんばります!
便器の品番の調べ方について

ここでは代表メーカーの便器の品番の調べ方についてご説明したいと思います。
トイレの取り換えなどで必要な便器の品番の調べ方についてご説明致します。

便器の品番の調べ方について!プロ向け通販専門サイト!ダンドリープロです。
業界最大級の品揃えでお探しの商品が1度で見つかる便利さ!スピード発送で現場の段取りをご支援します。

便器の品番の調べ方

前回は「便器の排水芯について」調べていきました。
排水芯という、便器の床や壁への排水の位置を表す寸法が、メーカーやそのメーカーのシリーズなどの違いでも各々にその寸法が違うことを調べていきました。
そして、外観から排水芯がわかるタイプの便器について外観の特徴から排水芯を比べていきました。

しかし外観からだけではやはり排水芯が解りませんので、今回は排水芯が解るように、便器やタンクに記載されている「品番」の調べ方について説明していこうと思います。
便器を製造している様々なメーカーがありますが、今回INAX(現在LIXIL)とTOTOの便器を中心に調べていきます。

まず写真のINAX製「密結形便器」の場合について見ていきます。
写真のように便器部とタンク部がダイレクトに組み合わされているタイプで、現在におきましても多く使われている種類の便器ですが、まず正面にメーカー名のブランドのマークがあると思います。

現在のLIXILですが、古くは「Ina」(伊奈製陶)と表記されており、後に「INAX」の表記に変わりました。

その更に後にINAXはサンウェーブ、トステム、新日軽、TOEX(旧 東洋エクステリア)の計5社の住まいのトップブランドが一つに集まって生まれたLIXILという会社になっております。
古い便器の取り換えを前提にお話しさせて頂きますので、INAX製の便器について調べていきます。

この密結型の便器タイプですが、タンク部正面向かって左側にINAXとブランドのマークが入っております。
そして、タンクへ向って左側面の下方よりに品番が入っております。
他のメーカーも向かって右側面下方よりに品番の記載があることが多いです。
そして、今度は便器の品番についてですが、タンク品番が特定できてもそれと組み合わさっている便器の品番が数種類あるので、便器の品番もしっかりと確認をしてください。

写真のように正面に向かって左側面の後方に品番が記載されています。
狭い場所に記載されていますので、目視出来なければ手鏡を使用したり、写真を撮るなどの方法をとりましょう。

INAX製「密結形便器」

INAX製「密結形便器」


続いて今度はTOTOの「密結形便器」について調べていきます。
写真のようにタンクに関しては正面に品番の記載がされていることが多いので、タンク品番の調査は比較的簡単です。
そして便器ですが、こちらも正面向かって左側面の後方に記載されていることが多いので先程のように手鏡を使用したり、写真を撮る方法が簡単かもしれません。

TOTO製「密結形便器」の場合

TOTO製「密結形便器」の場合

そして次タイプですが、更に古いタイプになりまして、便器とタンクが離れており、金属の「洗浄管」で連結されているタイプを調べていこうと思います。

こちらのINAXのタイプでは、同じように向かって左側の正面もしくは側面の下側にタンクの品番の記載があります。
そして、左側面に品番の記載があります。
便座部分に洗浄機能のついているタイプでは、写真のように便フタの内側に品番やシリーズ名などが記載されていることが多いです。

INAX製「洗浄管」

INAX製「洗浄管」

続いて操作部の側面や本体の後方に品番などの記載がされていることが多いタイプとなります。
次の写真のシャワートイレを搭載した一体型のタイプのトイレについても、これまでの例と同じように、タンクの品番から便器の品番を特定しようとする場合、便器の品番が何種類かありますので、便器の品番も調べる必要かあります。

このタイプも同じように各メーカー、便フタの裏側にシリーズ名や、品番の記載があります。
そしてタンク部、向かって左もしくは右側面に品番などの記載がされています。
これらの点に注意すれば、品番の特定が出来、現在の商品の仕様がより分かります。

一体型シャワートイレタイプ

一体型シャワートイレタイプ